PASUMS吉見チームについて

物質設計評価施設では、物性研究所が管理・運用しているスーパーコンピュータをより簡便に活用できるよう、2015年度よりソフトウェア開発・高度化プロジェクトを開始しています。本チームでは、本プロジェクトに採択されたプログラムの開発・高度化を実施し、オープンソースソフトウェアとして公開するとともに、講習会支援などの普及活動を行っています。また、高度化されたソフトウェアを活用し、幅広い分野での理論研究(幾何学的電荷フラストレーションが強い系での有限温度物性解析、量子ドット系でのスピン緩和現象解析など)を行っています。最近では、高度化ソフトウェアを活用した研究に加え、近年著しい発展を見せる情報処理技術に着目し、スパースモデリングを活用した量子モンテカルロ法で得られたデータ解析や、機械学習を用いた新物質探索への研究などにも取り組んでいます。

メンバー /Member

  1. 吉見一慶 /Kazuyoshi Yoshimi
    e-mail:k-yoshimi_at_issp.u-tokyo.ac.jp
  2. 本山裕一 /Yuichi Motoyama
    e-mail:y-motoyama_at_issp.u-tokyo.ac.jp

e-mailで連絡する際には、_at_を@に変更して送ってください/
Please change _at_ to @, when you contact us by e-mail.

これまでに在籍したメンバー /OB

  1. 河村光晶 ( Mitsuaki Kawamura, 現 東京大学物性研究所 尾崎研究室, 2015/4/1-2018/3/31)

住所/Address

〒277-8581 千葉県柏市柏の葉 5-1-5

東京大学 物性研究所 A602 ソフトウェア開発・高度化チーム